⑦検索履歴はプライベート/シークレットウインドウを使用する

検索履歴を消して残さずに検索結果がばれてしまうのを防ぎましょう。

Internet Explorer 、Microsoft Edge や Google Chromeなど

普通に検索してしまうと検索履歴が残ったままになります。

検索窓を押すだけで過去の履歴が出たりします。

変な言葉を調べているのを家族や知り合いにばれるのって嫌ですよね

【PC編】Internet Explorer 、Microsoft Edgeで検索履歴を残さない方法

Internet ExplorerのMicrosoft Edgeのアイコンまスタートメニューのアイコンで右クリックをします。するをメニューウインドウが開くので”新しい㏌Privateウインドウ”を選択しクリックします。

すると㏌Privateウインドウが開きます。

この画面で検索や開いた画面は履歴に残りません。

普段から使うようにしておきましょう。

【PC編】Google Chromeで検索履歴を残さない方法

Google Chromeのアイコンまスタートメニューのアイコンで右クリックをします。するをメニューウインドウが開くので”シークレットウインドウを開く”を選択しクリックします。

するとシークレットウインドウが開きます。

この画面で検索や開いた画面は履歴に残りません。

普段から使うようにしておきましょう。

【スマホ編】Google Chromeで検索履歴を残さない方法

まずはGoogle Chromeを開きます。

右上の点が3つ並んでいるところを押します。

するとメニューが開くので”新しいシークレットタブ”を押します。

するとシークレットモードが開きます。

これで履歴が残らない検索が可能となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする